便秘の理由

歴史に応じて考えたい便秘の解消方法

赤ちゃんの便秘は大人以上に食生活と関わりがあるものです。 母乳やミルクだけで育っている赤ちゃんが便秘になった場合、まずはミルクの量を考えてみましょう。日常的な食事量が少ない場合、便は排泄されませんので、注意が必要です。 またこれまで母乳で育っていた赤ちゃんが離乳食や固形食に移行した場合、便秘になるケースが多様に存在しています。このような場合は食事内容を考えつつ食べさせてあげるようにしましょう。 それ以外の原因で赤ちゃんに便秘が続いている場合、ハンドマッサージを行なってみましょう。近年ではベビーマッサージが赤ちゃんの便秘を効果的に解消すると言われています。 こうしたマッサージは江戸時代には「小児按摩」として知られており、歴史古くから存在していました。

赤ちゃんのトラブルに対処する方法

赤ちゃんは大人と違って未成熟な存在ですから、便秘が続いても大人のように対処する事はできません。食べられるものが限定的ですし、サプリメントや薬は医師の指示がない限り与えてはいけません。 赤ちゃんの便秘を効果的に治すために、近年ではベビーマッサージが注目を集めています。こうしたマッサージは素手で赤ちゃんのお腹や足を撫でるだけで効果を生み出しますので、身体に負担を掛ける事がありません。 また、便秘でストレスを溜めている赤ちゃんのメンタルをケアする上でも実に効果的な方法です。 近年は日本各地にベビーマッサージを行うための教室が生まれていますので、今後お子様と一緒にベビーマッサージを行うご両親が増えて行くでしょう。